上海から東京都港区への引っ越し

2016年5月末に、約6年住んだ上海から東京都港区へ引っ越しました。

 

 

家族構成は私と妻の二人のみで、上海では家具付きのサービスアパートメントに住んでおりましたため、荷物は少ない方だったと思いますが、荷物を運ぶのにかかった費用は、日系の運送会社3社から見積りを取り、一番安く対応もスピーディだった会社さんへお願いし、航空便が200kgで14,000元(約224,000円)、船便が12キロで26,000元(約416,000円)でした(為替レートは、1元=16円で計算)。

 

これら運送費は、上海のマンション〜上海の空港(ないし港)〜日本の空港(ないし港)〜港区の新居までの各運送費の他、事前梱包材、梱包荷造り作業、中国側での輸出税関代理申告手続き、日本側での輸入税関代理申告手続き、開梱作業、廃材回収作業、および紛失等のための損害保険料を含んでおります。

 

引っ越しで面倒なのは、荷造り作業です。私の場合、夫婦とも働いており、業者さんから段ボールを送っていただいていたのに、事前の荷造りはほとんどできませんでした。それでも、荷物を、手荷物(毎日使うもの)、航空便(日本で数日後から使うもの)、船便(日本ですぐ使わないもの)、捨てるものの4種類へ区分け(色の違う付箋を貼りました)したため、業者さんによる引き取りの日は、効率良く梱包荷造り作業を進めていただきました。6〜7名で来ていただき、3時間程度で終わったと記憶しております。

 

国境を跨ぐ引っ越しのため、航空便では運べないものや、船便でも運べないもの、運べるが一定量を超えると税金が発生するものを予め把握しないと余計なコストがかかりますが、今回お願いしました運送業者さんは、この方面のプロフェッショナルで、何でも聞いたら即答してくれました。特に面倒だったのは薬で、中国から持ち出せないものが決まっていたようで、これも、荷造り作業の際に業者の方が全て仕分けしたうえリストまで作って下さり、とっても助かりました。

 

また、衣類、ワイングラスおよび充電バッテリーが無くなりましたが、とっても簡単な手続きで、相当額をお振込みいただけました。実際に無くなったことに気づいたのは新しい生活が始まってからなので、引っ越しが終わって1カ月以上経過しておりましたが、それでも気持ち良くご対応いただき、良い業者さんへお願いしたと感じました。

 

参考:引っ越し格安

大手引越し会社での超近距離の引越し

 

娘が幼稚園に進学するにあたり、幼稚園、小学校に通学しやすい場所に中古マンションを購入しました。

 

愛知県岡崎市のJR岡崎駅徒歩10分のアパートから同駅徒歩5分のマンションへの引越しです。

 

かなり近所への引越しで、金額は100,000円でした。引っ越し高い!!正直思いました。

 

幼稚園の入園式までに引っ越したかったので、引越し繁忙期で料金は高めでもいたしかたないですが。。

 

(引越しした日は4月9日でした)

 

料金はJAFの割引を利用し、営業の方のサービスで端数を引いていただきました。

 

この営業の方がとても紳士的な方でした。

 

引越しの営業の人は契約を取るまでなかなかしつこいよと引越しを経験した友人から聞いていたので、警戒していました。

 

しかし、繁忙期(この日はうちを含め12件まわる約束があるとおっしゃていました)でひつこくする暇もないようで100,000円を提示すると「もしうちで決められるのであれば連絡下さい」とすぐに帰られました。

 

私にはこの感じが好印象に思え、主人にラインで相談してすぐに決めました。

 

引越し当日は作業員の方が3名来て下さりました。

 

時間は午後2時頃からでしたが、まだ荷物の梱包が完了していませんでした。

 

作業員の方に謝りながら、梱包が終わっているものから運び出していただきました。

 

作業員の方は家具や家電の汚れを拭き取りながらとても丁寧に作業してくれました。

 

効率的な動きでプロの仕事だなと感心しきりでした。

 

超近距離の引越しでしたが、終わったのは午後7時頃でした。

 

私たち家族は作業を見守るだけでしたが、本当に疲れました。

 

引越し会社の方は完璧なサービスをしてくれましたが、もう引越しはいいやと思いました。

 

小さい子供を抱えながらの引越しは大変でした。

 

荷物の梱包は深夜や早朝などの子供が寝ている時間に行いました。

 

主人もほとんど手伝ってくれず孤独な作業でした。

 

引越しが終わるとものすごい達成感を味わえました。

 

引越しした後、エアコンが動かないというトラブルがありましたが、電話するとすぐに修理に来てくれました。

 

マナーやサービスもよく、やはり大手引越し会社にしておいてよかったと思いました。